放課後等デイサービス

HALO

~君は”まるい虹”を見たことがある?~
まだ見たことがないことを信じるチカラ。いつも忘れないで進もう。

保護者・関係者の皆様へ

今般、日本国内でも新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生が確認されたことを受け、新型コロナウイルスにつき正しく御理解いただけるよう厚生労働省のホームページにおいて、「新型コロナウイルスに関するQ&A」を公表しておりますので御確認ください。 国内の感染拡大防止に万全を期すため、対応にあたっては、感染対策マニュア ル等を参照しつつ、一人一人の咳エチケットや手洗いなどの実施が重要となってきますので、ご家庭でもご対応をお願い申し上げます。 

放課後等デイサービスHALOせとの丘、ホームページへようこそ。 

HALO せとの丘・HALOたからの森」は、また新たな春を迎えようとしています。 

皆様に支えられ ここまで信頼と実績を積み重ねることができました。これからも向上心を忘れず、お子様とともに。常に新しいチャレンジをしながら多くのことを学んで参ります。

環境・日常

四季を感じる小高い丘。大自然の景色の中、穏やかにたたずむ「HALOせとの丘」。そして、森をバックに明るい光が差し込む「HALOたからの森」。
どちらの施設にも、日々お子様の笑顔が溢れ、活き活きとした声が響いています。
送迎車から降り、入り口の扉を開けたとたん、和らいだ表情とともに施設に入ってくる学校帰りの子どもたち。
その瞬間、わたしたちも「いつでも子どもたちが安心できる場所でい続けたい」と強く感じます。

学びは成長

将来、”活き活きと社会と関わりその子らしく生きる力”につながる支援を。
職員一同、全力で考え、いつも真剣勝負で関わっています。

  「楽しい」は当たり前。その一歩先へ。


HALOでぜひ、一緒に”学び合い” そして”育ち合い”ましょう。



「2つの施設 」

放課後等デイサービスの利用方法、そして施設選択に迷われている方は、お気軽にご相談ください。
●HALOせとの丘は、”瀬戸市一番の大きく広い施設”が自慢。澄んだ空気、爽やかな風、そして豊かな緑。
放課後の時間はまるで”毎日が野外活動”。
「自然」「成長」「関わり」をコンセプトに、毎日を大切に過ごしています。
●HALOたからの森は、ビジョントレーニングやリトミックなど楽しめるカリキュラムが豊富な、日々が「笑顔」と「わくわく」でがいっぱいの放課後デイ。

興味・関心を広げる支援

放課後等デイサービスHALOは、個別支援・個別学習に特化した施設ではありません。毎日のプログラムは、子供たちの「できる」「したい」「気になる」の気持ちをサポートしつつ、おともだちとの関わりも大事にしています。
ただ、だからといって「集団」での活動だけを重視しているわけではありません。
お子様ひとりひとりの特性や、興味関心を大切にし、その日の様子を見ながら、それぞれの「取り組みたいこと」を見守る、導く時間も大切にしています。

HALOの療育

こどもたちにとって、ここHALOで過ごす日々が,とにかく”自然”なことあるように・・・。」そう思っています。
だからこそ、そのための準備は「万全」に行う。それが私たちのポリシーであり、責任だと思っています。

そのためには、あれやこれやと必死になって特別なことをしようとする事業所にはならず、「日々の当たり前の中に、確実に小さな成長を刻んでいく。」

そう、HALOの療育コンセプトを実現させるためには、そんな「地道な日々の関わり」が何より大切だと考えています。


もちろん、時代の流れに合わせて、

タブレットを用いて調べ物をすることもある。

英語のカードを用いて遊ぶこともある。

でも、そこに特化した療育ではなく、

あくまでも、日常の関わり、集団生活の中でのプログラムから、ライフスキルの習得とソーシャルスキルの向上を、こつこつと支援し続けます。


ひとりひとりの「出来たらいいな」「なれたらいいな」を諦めずに見守り、ADLの向上に努めます。

また、子どもたちには「苦手なコミュニケーションの場面」が日々あっても当たり前。親御さまにとって、周囲にとって、今お困りの行動があったとしても、HALOに通って頂くことで、自然に少しずづ変化していけるよう、対人関係での学びからコミュニケーション能力を育て、成長段階を支援、集団生活への適応力を高めていきます。

わたしたちは、「人が好き」な集団です。
だから「今の、今日のきみが、いつも、ずっと好き」という姿勢で、いつでもHALOの子どもたちひとりひとりを、
正面から受け止め続けます。